用語辞書

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
てきせいけんさ

適正検査(運転適性検査)

視力・色彩識別・聴力・学力・身体能力等、運転に関する状況や動作の速さ、正確さなどを自覚して頂くための検査です。

運転免許の適性検査(視力・聴力・運動能力)

視力(深視力)
■一種免許 大型特殊・自動二輪・普通仮免許(大型自動車・けん引免許は除く

・両眼で0.7以上
・片眼で0.3以上
・片眼が0.3未満の場合は他眼の視力が0.7以上で視野が左右150度以上

■ニ種免許 中型自動車・大型自動車・けん引・大型仮免許
・両眼で0.8以上
・片眼で0.5以上
・深視力検査3回の平均誤差が2cm以下

■小型特殊・原付免許
・両眼で0.5以上
・片眼が見えない場合は他眼の視力が0.5以上で視野が左右150度以上

上記の視力は眼鏡・コンタクトレンズでの矯正、レーシック(視力回復手術)での矯正も可です。


色彩識別能力
運転免許の種類に関係なく、「赤色、青色及び黄色の識別ができること」。

聴力
・日常の会話を聴取できること、10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聞こえること)。

運動能力
自動車等の安全な運転に必要な認知、又はハンドルその他の装置を随意に操作できるなど、自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと。障害がある場合は、補助手段を講ずることにより支障がないこと。


適性検査の種類と内容

●ペーパー検査
•精密型 所要時間約2時間、手数料580円
•簡易型 所要時間約1時間、手数料470円

動作の正確さ、動作の速さ、判断・予測力、衝撃抑止性、情緒安定性の5つの要素から運転行動の基本となる性格・能力を診断します。(多数の方が一斉に受検できます。ただし、検査結果は後日回答になります。) 

●CRT(機械)検査
所要時間約20分、手数料450円

ブラウン管画面上に表示される、数字、記号等に対し、素早く的確に処理する能力があるかをコンピュータにより診断します。(検査後、結果が出ますので、自分の欠点がすぐに分かります。) 

●運転シミュレータによる検査
所要時間約40分、手数料580円

テレビ画面に映し出される走行中の色々な交通場面に対して、実際の車と同じように運転操作することにより、日頃気付かない癖をコンピュータにより診断します。(検査結果はすぐ出ます。)

※内容、料金は変わることがあります。各都道府県の免許センターへお問い合わせください。
関連記事:
参考文献:
Powered by Xwords  based on Wordbook
閲覧者のコメント
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。